ほしなみ☆ろぐ

茨城県取手市のピアノの先生です。このブログは2018年5月に移転しました

幼稚園の先生のピアノと音楽

      2018/01/17

突然ですが幼稚園の先生って素晴らしいです。

child

子どもたちに真摯に向き合ってくださっているとか、制作のアイデアがすごい!とか、体力勝負だとかも、もちろんですが、ピアノに関してもそう思っています。

ピアノが上手じゃなくても音楽は伝わります

進路の決定がギリギリになればなるほど

幼稚園の先生のピアノは、ほとんど弾けない方から音大に行けるんじゃ?という方まで、様々です。

職業を真剣に考える時期は人それぞれ。中学校で職業体験なんかもやるけれど、高校生になってからなんとなく考えるパターンが多いんじゃないかな。

そうなると、高校2年か3年で保育や幼児教育にしようかな?と考えてから「ピアノやっておかないと!(lll゚Д゚)」と焦ってピアノ教室を探すことになります。

目標は当然学校の課題と試験なので、ゆっくり基礎をやるとか表現とかいったことより、試験に通ることが先決です。数年である程度の曲を弾けるようにしなければならず、付け焼刃になるのも仕方ないんですね。

(もちろん小さいころから幼稚園の先生になりたくてピアノも頑張った人もいると思いますが)

上手に越したことはないけれど、本質はそこではない

上手に弾ける方がそりゃ、歌の指導がうまくできるかもしれません。子どもも「先生すごい!」と言うでしょう。

でも音楽は、「すごい」とか「間違えない」とかはそんなに重要じゃないと思う。(でも程度問題よ☆)

本当にそう思うんですが、これなかなか伝わらないことだったりします…

たとえば、A先生。

華麗に難しい曲を弾く。

ショパンもリストも弾いちゃう。

子どもの大好きな「ドラえもん」だって、簡単そうにミスなく弾きます。

いっぽう、B先生。

必死に練習して簡単な曲を一生懸命弾きます。

ショパンは弾けません。

子どもの大好きな「ドラえもん」は、簡単な楽譜を探して、なんとか弾く。

子どもは、どっちのピアノの前にも集まってくるでしょう。

A先生が好きだったら、その演奏はより素晴らしく感じるでしょうし、B先生が好きだったら、その一生懸命なピアノは心地よく感じます。

どっちも同じように、ピアノに合わせて元気に歌うでしょう。

わかりやすい例で言えば、ピアニストの演奏も、孫の演奏も、感動しますよね。

どちらの演奏からも、伝わってくるものがちゃんとあるからです。優劣つけることなんてできません。

ちゃんと伝わっているからこそ‥

ピアノを弾くと「子供たち群がってくるんですよ」と、うちのピアノ教室の生徒である幼稚園の先生が、先日教えてくれました。

《弾いて!》

《歌いたい》

《先生すごい》

目を輝かせてピアノを見つめる様子が思い浮かびます。

「私も(ぼくも)ピアノ弾きたい!」と、この瞬間に思うかもしれません。

まとめ

小さな子どもたちが、生のピアノ演奏に初めて出会うのが幼稚園ということは、よくあると思います。

そこで感動を与えている、幼稚園の先生。

上手じゃなくても。楽しさを伝え、感動を与える、それこそ「音楽」の本当の姿じゃないのかな。

上司同僚、子どもたちはもちろん親御さんの中にも「あの先生はピアノ上手だね」とかそういうことも言う人はいるでしょう。それはただの世間話と聞き流すが吉(*^-^*)

 - ★音楽 , ,