ほしなみ☆ろぐ

茨城県取手市のピアノの先生です。このブログは2018年5月に移転しました

芸術その魅力「現代音楽入門講座」第3回(全12回)

   

NHKラジオ第2 毎週水曜 夜8:30-9:00放送『現代音楽入門講座』 講師は、現代音楽作曲家の薮田翔一氏です。

NHKカルチャーラジオ ホームページ ▶http://www4.nhk.or.jp/P1928/

現代音楽作曲家 薮田翔一 オフィシャルサイト ▶http://shoichi-yabuta.jp/

第3回【20世紀前半の現代音楽(1)】

第3回からは、ロマン派以降のお話になります(^O^)

20世紀前半、作曲家の興味はどのように移っていったのか?どのような新しい音楽の可能性を提示したのか?

 

今回は、いくつかの曲を<音楽の要素>(音楽は、リズム・ハーモニー・メロディーの3つの要素から成る)と、<作曲のプロセス>という視点で聴き比べる内容。

ロマン派の、ハーモニー・メロディーを重視した音楽から、作曲家の興味はリズムへと移っていった。

 

ストラヴィンスキー作曲「春の祭典」:リズムの主張が強い曲

バレエ音楽『春の祭典』 第1部より「春のきざし(乙女達の踊り)」


ひとつのパターンがでてくるとそれを繰り替えし、その上に次のパターンを重ねて行く曲。

メロディーやハーモニーを探そうとすると、曲に思えないですよね(*‘ω‘ *) パズルを解くような気持ちで聴いてみると新たな発見ができるのではとのお話でした。

※作曲家の思考プロセス:まず「同じ音型でアクセントをずらしていく」というアイデアを思いついて作曲した

 

ラヴェル作曲「ボレロ」:リズムパターンの反復が曲の印象を強める

中1のときコンサートで聴いて、大大大感激した思い出の曲です♫

リズム反復(メロディーを載せ)・積み上げ(楽器を増やし盛り上げていく)

同じパターンをただ繰り返す曲は、よほどの天才でなければ聴かせることが難しい。うんうん。ですよね、絶対凡人がつくっても飽きられてしまう。

全体のコンセプトを考え、作曲技術で構成し、クライマックスのアイデアを練る。ラヴェルは最も作曲技術のある作曲家であるとのお話でした。

※作曲家の思考のプロセス:「コンセプト」をまず思い付いた

作曲家はいつも音ばかりがひらめくわけではない。コンセプトから作ると特徴的な音楽が作れる。

 

プロコフィエフ「ピアノソナタ第7番(3楽章)」:主体はリズム、そこにメロディー・ハーモニーを加えた

リズムを主体としてメロディーやハーモニーをつけた曲は、ロマン派の音楽とはまったく異なっていて、なんか新しい!ですね。

こうやって、20世紀前半の作曲家は これまでにない強烈な印象を残す音楽を生み出していったのですね。

 

今回、ストラヴィンスキー・プロコフィエフと、ラヴェルが一連の流れで紹介されていますが、ピアノを弾いている人にとってはラヴェルの有名なピアノ曲は非常に美しい繊細なメロディーが多く、ストラヴィンスキー・プロコフィエフとは全然違うように感じるのではないかと思います。でも、ピアノ協奏曲なんかを聴いてみると、なるほどと思えますよ。

 

コラム「演奏家と作曲家」

演奏家は、作曲家が作った音楽を再現するだけの存在ではなく、ときに発想の起爆剤になり、ときに考えもつかなかったアイデアを教えてくれる。

素晴らしい演奏者と出会うと、「この演奏者に演奏してもらいたい」と作曲することがあり、出会わなければ作らなかった曲ができる可能性がある。

このように素晴らしい演奏家は作曲家の音楽観を変えることがあるというお話でした。

 

ということで、次回第4回へ続く。

 - ★講座・セミナー