「ステップアップ・コンサート」カテゴリーアーカイブ

ステップ・アップ コンサート Vol.2 ご報告

エスカードスタジオ(牛久)にて5月中旬開催しました「ステップ・アップ コンサート」

はじめての会場でアクシデントもありましたが、皆落ち着いた演奏だったと思います^^

講評を書く先生たちも、より理解を深めることができたと思いますし、来年に向けて私もまた新たな教材の勉強をしたり、レッスンの進度を見直す機会になりました。

この企画のねらいは、こちらをご覧ください ▶ステップ・アップコンサートとは?

プログラム

No.課題曲(作曲者)自由曲(作曲者)
1子犬(ギロック) スノーマン(ギロック)
2ぼっておりてキーボード(ギロック)おおきくなったら(樹原涼子)
3おとうさんのロッキングチェアー(ギロック) のろし(ギロック)
4なかよしりょうて(三善晃)ポップコーンパーティー(バスティン)
5ファンタジックパレード(田丸信明) かっこう(ドイツ民謡)
6こねこがかきねにのぼって(ポーランド民謡)パリの花売り少女(ギロック)
7こねこがかきねにのぼって(ポーランド民謡)グレーの小さなロバ(ギロック)
8にんぎょのうた(ウェーバー)天国と地獄(オッフェンバック)
9バイエル51番(バイエル)ルービー ルー(バスティン)
10タランテラ(外国の曲)メヌエットイ短調(クリーガー)
11白鳥のワルツ(チャイコフスキー) おひさまにむかって(轟千尋)
12アラベスク(ブルクミュラー)帆船(ギロック)
13アレグロ変ロ長調(モーツァルト)踊るピーナッツ(平吉毅州)
14素直な心(ブルクミュラー) 森の妖精(ギロック)
15タランテラ(ブルクミュラー)プレリュードOp.28-7(ショパン)
16練習曲Op.139-7(チェルニー)練習曲OP.139-88(チェルニー)
17貴婦人の乗馬(ブルクミュラー)兵隊の行進(シューマン)
18スティリエンヌ(ブルクミュラー)フラメンコ(ギロック)
19貴婦人の乗馬(ブルクミュラー)メヌエットAnh.116(J.S.バッハ)
20スティリエンヌ(ブルクミュラー)エチュードOp.65-40(レシュゴルン)
21ソナチネOp.55-1第1楽章(クーラウ)ガボットOp.210(グルリット)
22空気の精(ブルクミュラー)ベニスのゴンドラの歌Op.19-6(メンデルスゾーン)
23ソナタOp.49-1第1楽章(ベートーヴェン)鬼あられ(湯山昭)

~上級課題曲の演奏~

畔上園加先生の演奏『ウィーンの謝肉祭の道化Op.26-4間奏曲』

~全体講評~

絵里先生・真里先生のお2人からそれぞれ、お話をしていただきました。

  • 講評用紙の評価(SS・S・A・B・C)は、先生によって違います。音楽の解釈はそれぞれですから、先生とお話しながら見てください。
  • 入門の生徒は「この音が素敵」と感じて弾けるくらいまで練習しましょう。初級の生徒は「どこが一番盛り上がるかな」ということも考えて弾けるといいですね。
  • ギロックを弾いてくれた生徒が多かったですが、いつ頃生きていた人でしょう?では、バッハはいつごろ生きていた人でしょう?
  • 曲をもらったら楽譜全体を見渡して、題名・作曲者など見てみましょう

☆・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚

今年も、Web発表会で音源をアップしたあと、CDに収録して生徒さんたちにお配りする予定です。

今年で2回目のステップ・アップ コンサート。1回目よりよかったところ、1回目の方がよかったところ、両方ありました。

発表会より小規模だから気楽にできるかと思えば、そんなこともないんですよね。やはり本番。弾くのは生徒ですが、私も気力を充実させて臨まないといけないなと、改めて感じたりもしました💦

ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

ステップアップ・コンサート&Web発表会のCDができました!

茨城県取手市・牛久市の出張ピアノ教室ほしなみピアノスクールです♪

今年夏に開催しました『ステップアップ・コンサート』そして『Web発表会』両方の録音を収めたCDができました!(…正確には、まだ全員分できていなくて、でき次第お渡ししていっています。まだの生徒さんは少々お待ちくださいね。)

適当に再生して終わり、ではなくて、ぜひご家族皆様でお子さんの演奏を聴いてください。

 

p_20161017_152203

 

ステップアップ・コンサートのときにホールで録音したものは、やはりきれいな音で撮れています。こんなにきれいに聴こえるんだ~っていうところにも注目してみてください。

 

p_20161011_133014

CDジャケットのテンプレートなど使えばきれいにできるのだとは思うのですが、レッスンの合間のひとり手作業なので、適当な出来ですみません^^;

 

~ウェブ発表会はこんな企画です~

  1. レッスンのときに、生徒さんが曲をひきます。
  2. それを、先生が録音します。
  3. 全員分の録音したものを、ネット上で聴けるようにします。

~ステップアップ・コンサートはこんな企画です~

  1. 課題曲1曲・自由曲1曲の、2曲を弾きます
  2. 複数の先生がその場で講評を書き、終了後に渡します
  3. <入門(1~4)><初級(1~3)>というように課題曲を細かいステップに分けています。1年に1ステップずつ進んでいくことを目標にしましょう!

(今年は、ステップアップ・コンサートに参加できた子はそこで録音し、不参加の子は自宅で録音しました)

第1回ステップ・アップ コンサート ご報告

昨日、第1回ステップ・アップ コンサートが無事終了いたしました。関係者の皆様、この度も大きなお力添えをいただき誠にありがとうございました。

当日の様子をご報告させていただきます♪

(まだ生徒さんとの振り返りも、先生の反省会もしていないので、かなり主観的です)

 

◇朝から蒸し暑い一日でしたね

生徒さん一番乗りだったのは、Hちゃん&Hちゃん姉妹(*^-^*)

まだ会場準備もこれからだったので、バタバタしてお話もできなかったのですが、妹ちゃんは7月からレッスンスタートで、ピアノへの期待にわくわくしている時期です。ちょっと緊張感漂う昨日だったけど、どうだったかな?

リハは無しだったのですが、椅子の高さ調節に慣れていない子が多いので、開演前に心配な生徒さんはちょっとステージで調節の練習をしました。

最近はお家で使っているのがアノ椅子(正方形の背もたれいす)じゃないことが多いので、発表会のときも毎回、説明するようにしています。

 

◇そして開演時間。滞りなくスタートいたしました!

ピアノを習うご家庭は皆きちんとされていらっしゃると改めて感じます。お便りに書いた通り10分前にはきっちり席に着いていただいて、ステージへの出方、お辞儀の場所などを説明しました。急きょモデルになってもらったSくん、どうもありがとう(^o^)丿

このステップ・アップでは、私たち講師は客席に置いた机の前に座って、講評を書きます。その、机なんですが、今回は理由あって最前列に置きました。

生徒さんたちは、弾いているすぐ前で先生が講評を書いているのを感じたと思います。しかも静かな会場では、書く音もかなり響きます。

アナウンスも、「1番 ○○さん どうぞ」しか言わない、マジメな雰囲気。(でも、なるべく優しい声になるように気をつけたつもりなんですよ~)いつも以上に緊張した子が多かったように思います。

 

s1

◇今回とても感心したこと

今回私が実感したことは、メンタルの強い子が結構多いな(*^-^*)ということ。前向きな感想が聞かれました。そもそも親御さんがさっぱりと前向きな方が多いんです。

自信を持つこと、失敗を引きずらない事は、ピアノに関してとてもプラスです。演奏の向上には臆病さも必要なんですが、音楽は楽しい事が何よりも大切だと思いますので、からっと明るい心でいてくれると私も嬉しいです。

それともうひとつ、入会したばかりで今回は参加していない生徒さんも、聴きにきてくれていました。出ないから、と思わず教室の一員として、興味を持ってくださり有難いことです♪

 

◇今回反省したこと

演奏に関しては、普段の練習通りでした。どちらかというとちょっと厳しい感想を持ちました…。でもそれはほぼ、私の指導の課題であると認識しています。

(ただし大人の方に関しては、練習の成果を出しきれず悔しかったと言っていいと思います)

数か月以上見ている生徒さんなら、この曲はこのくらいで仕上がるだろうと見通しを立て、だいたいその通り行きます。そういう曲を選んでも当然、難所がそれぞれにあり、そこが本人の頑張りどころです。そこを「頑張れるだろう」と、期待値を大きく考えてしまうところが私にあると反省しています。

微妙なところではありますが、レッスンの中で弾けても、それは先生と一緒に弾いたから出来た場合も多いわけです。そこで弾けている気持ちになってくれるのは嬉しいのですが、そのせい(?)で練習をサボっちゃうと、当然その後弾けません…。

でも、本番まで例えばあと1週間練習時間があるから「頑張れるだろう」と、どうしても私は、わが子可愛さみたいなもので良い方向へ考えてしまうクセがあるんですよね。。

ここは、私自身がしっかり自覚して、次回12月の発表会に活かせたらと思います。

 

◇参加してくださった生徒さんたち、ご家族様、ありがとうございました

私は大切な生徒さんたちをお預かりしている責任があるので、上で書いたようにいろいろ反省もしますが、会場でもお話した通り、参加するための準備をしてきたこと、参加して弾き切ったことが、まずはとても素晴らしいことだと思います(*^-^*)

講評をもう読んでいただいたと思いますが、きっとそれぞれの先生が良い点を認めてくださっているはずです。こんなふうに演奏を聴いているのだということも、わかっていただけたらいいなと思います。

s2

◇最後にひとこと…(といいつつ、長文)

みんなみんな、とっても可愛らしい演奏でした♪おめかしした姿も、それはもう、愛らしくて。

大人の生徒さんは、何よりも貴重な休日に弾きに来てくださることが嬉しいです。

20代のSちゃんについて、真里先生と「細い!可愛い!20代の輝きだ!」と盛り上がり。

いつも参加してくださるSくんのママHさんは、きっと皆の印象に残るのか、生徒さんとの会話でもよく出てくるんですよ。子どもにとって、ママも一緒に頑張ってるって嬉しいことですもんね。

それに今回は、サッカーの合間に駆けつけ弾いてくれた子もいて、ユニホーム姿でピアノを弾いているのが、何とも良い姿でした!

 

「指導」という面からどうしてもいろいろ考えながら見る私たち講師なんですが、そういうことを抜きにして(抜きにしちゃだめなんですが、)ひとりひとりが、あのステージで、精一杯弾いてくれて、おばちゃん涙が出てくる!!(他の先生は私よりずっと若いからおばちゃんではないですけど、同じ気持ちだと思います)

頑張っている姿って、どうしてあんなに感動するんでしょうね?