「ピアノ練習のヒント」カテゴリーアーカイブ

録音付き:今月の1曲『チェルニー/リトルピアニスト49番』

教室のおたより「ほしなみ☆だより」の中の『今月の1曲』というコーナーの連動記事です。生徒さんたちが使っているテキストから選んだ曲をご紹介していきます

2017年6月はチェルニー が作った『リトルピアニスト』練習曲の、49番です。

この曲は3拍子ということと、1小節の中でも上下に音を使っていくので、変化がありハツラツとしていますね。

①三連符~ドまで、ひといきで弾きます。同じ場所に手を固定せず、4つの音の上をなめらかに、重心が均等な速さで移動するイメージで。

はじめのスラーはここまでで切れていますが、さらに2小節目の最後のファまでは、ひとつのフレーズなので、途中でテンションが下がらない様にしましょう。

②長いスラー。シファミレドミレドシラ シとドのところで、別々に聴こえないように気を付けましょう(シが弱くなったり、ドが強くなったりしない)

この曲のように、上へ行ったり下へ行ったり、指替え・指くぐり・和音などいろいろな要素があると、音量をコントロールすることが難しいです。

まずはパターンが一定の左手で、ピアノやフォルテを保って、右手も必要以上に揺れないで弾けるように気を付けてみてください。

▢2・5の指使いは大事。1・4の指とセットでマスターしましょう。

★ドの音は、前のフレーズの終わりの音でもあり、次のフレーズの始まりの音でもあります。曲の最後はていねいにゆっくり弾くことが多いですね。それを思い出して、ていねいに、ドをきちんと聴いてから次の音へ進みましょう。

録音付き:今月の1曲『いねかり』『あきのゆうぐれ』

教室のおたより「ほしなみ☆だより」の中の『今月の1曲』というコーナーの連動記事です。生徒さんたちが使っているテキストから選んだ曲をご紹介していきます

2017年5月は『いねかり』『あきのゆうぐれ』

今月の1曲‥‥じゃなくて今月の2曲ですね(;^_^

なぜ2曲にしたのかといいますと、

「いねかり」が おわった 後の「ゆうぐれ」という、「秋の一日」を生徒さんに感じてもらえたらいいな、という理由です。(今、春なんですけどね ^^;)

こんなふうに、がくふも おとなりどうしになっています♪

 

この曲がうたっているのは、機械(きかい)でやる「いねかり」ではありません。

人の手で「いねかり」をするときは、左手で稲(いね)をつかみ、右手で鎌(かま)をもって、じゅんに刈(か)りとっていきます。

[クボタという会社のページに、ようすがのっています▶「稲刈り」]

 

『いねかり』

くりかえす和音が、鎌(かま)を振る(ふる)ようすや、収穫(しゅうかく)のよろこびを

とてもよく あらわしていますね。

秋の少し高い空は、真っ青で

黄金(おうごん)色の「いね」が きもちよさそうに かがやいています。

(手でいねかりすると、一日ではぜんぶおわりません。でも、はんぶんくらいは、かりとったあとかな?)

 

そして、その田んぼにも だんだんと

あかい夕日(ゆうひ)がさしてきます。

今日も、あきの一日がおわり、もうすぐ夕飯(ゆうはん)のじかん。

『あきのゆうぐれ』

まだ田んぼにのこっている「いね」が、風にゆれてのんびりしています。

明日もまた、秋のめぐみが まっている

へいわな一日です。

 

☆・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆

生徒さんたちの使っている楽譜には、情景の浮かぶタイトルや絵がついているものがたくさんあります。

いきなり弾き始めるばかりではなく、どんな曲なのかな?いろいろ思い描いてみるといいですね♪

録音付き:今月の1曲『ポロネーズ Anh.125 / C.Ph.E.Bach』

教室のおたより「ほしなみ☆だより」の中の『今月の1曲』というコーナーの連動記事です。生徒さんたちが使っているテキストから選んだ曲をご紹介していきます

2017年4月は『ポロネーズ Anh.125』です。

J.S.バッハの息子(むすこ)、《カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ》がつくった曲。

はじめに、まだバッハをひいていない生徒(せいと)さんのために、せつめいします。

この曲がつくられた時代(じだい)には、まだピアノがありませんでした。

ピアノではなくてオルガンとか、チェンバロという楽器(がっき)でえんそうしたのだけど、レガートでひいても、ピアノみたいに、音と音がつながりません。

この楽譜(がくふ)を↓見てください(^O^)

1しょうせつめ、『そらし らふぁ♯そ み』というところは、どうやって弾(ひ)くとおもいますか?

いつもの先生(せんせい)だったら、『そらしーらふぁ♯そーみー』というように、つなげてひきましょう!と言いますね。

でも、さっきかいたように、この時代(じだい)の楽器(がっき)は、ピアノみたいに音と音がつながりません(音がながくのばせなくて、すぐにきえてしまいます)

だから、こんなふうに弾(ひ)いてみましょう!(^^)!

音と音を切(き)ってひいています。 こんな ひきかたもあるんだな~って、おぼえておいてね♪

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+::+:-・:+:

さて、《ポロネーズ》については、昨年の発表会のときにも少しお話しました。

それから『はじめてのポーランドピアノきょくしゅう』を弾いている生徒さんには、先生の解説もお渡ししています。

いずれも、ポーランドの歴史や民族的な意味がとても強いと説明しましたが、

《ポロネーズ》が全てそうなのではなく、歴史的・民族的なことはさておいて(?)

”ポロネーズふう”の形式を持った曲という理由で、ポロネーズという題名がつけられたりもしました。

この曲はどちらかといえば ”ポロネーズふう” だと思っています(断言は難しい…)

ピンクの□:タンタタ│タンタン タンタン が、ポロネーズの特徴的なリズム。

水色の□:1拍目レ・ファ♯・ラ→2拍目ソ・シ・レ・ソ(水色の□)で、解決(スッキリした感じ)します。

※「起立・礼・着席」の音をピアノでひいてみたことがあると思いますが、その「着席」の音の感じが、《解決》です

なので、水色の□のところが終わりの音。

ここで踊りが終わり、残りの3つの音はお辞儀をしているところです。水色の☆をジャーンと弾かないこと。

 

↓続きのここは、シンコペーションを探してみて(^O^)

マーチなどは、シンコペーションをしっかり元気に弾きますが、ポロネーズは少し大人しめに弾くほうがいいです。

チェンバロだけではなく、弦楽器の響きが聴こえてくるようです。ヴァイオリンが多く使われた時代ですし、弦楽四重奏とかチェンバロ協奏曲と思うと、しっくりきます。

 

ピンクの□:8分音符、切って弾いてもいいと思うのですが…

私がヘタなのかもしれませんが💦ここを切ると軽快なステップになってしまい、レガートにしました。踊りとしてのポロネーズは、跳ねたりしないので…

それと、チェンバロでは音がつながらないと書きましたが、まぁここは4分音符ではなく8分音符なので、レガートで弾けばそれなりにつながりますし(;^_^

 

最後に

全体を通して、タタタン タタタン と同じリズムが繰り返されるところも、ポロネーズの特徴です。

《ポロネーズ》を弾いたことのある生徒さんは、同じような特徴が見つけられるかどうか、楽譜を探してみるとおもしろいですね♪