「ピアノ練習のヒント」カテゴリーアーカイブ

録音付き:今月の1曲『バイエル ピアノ教則本 第100番』

教室のおたより「ほしなみ☆だより」の中の『今月の1曲』というコーナーの連動記事です。生徒さんたちが使っているテキストから選んだ曲をご紹介していきます

2017年1月は『バイエル ピアノ教則本 第100番』

最近はバイエルを普段のレッスンで使うことは少ないですが、保育士試験・小学校の教員採用試験で指定されることもあり、まだ出番がありますね。

後半には意外と素敵な曲もあるので、「つまらない」というイメージを持たずに、ぜひ楽しんで弾いてもらいたいです。

出だしはこんな感じです。

バイエル100番楽譜1

フラットが1つついています。ヘ長調(ファソラシ♭ドレミファ)です。

ピンクの□の中にAllegro(アレグロ)と書いてあります。アレグロの意味は「はやく」と説明されることが多いけれど、「軽やかで陽気な」という意味もあります。「楽しそうに聴こえるはやさ」で弾きました。

水色①のところに大きくスラーがあるので、1小節ずつ1,2,3とならずに、一息で。

左手の1拍目はのばしたままで2,3拍目を弾きます。1拍目を強調するのではなく、やわらかさを表現しましょう。

 

楽譜のつづき。ト音記号のたかい音と、ヘ音記号のひくい音がかわりばんこに出てきて、まるで会話しているようです。

バイエル100番楽譜2

②の右手のド・ドですが、ここはもしかしたら楽譜によって表記が違うかも?(違わないかもしれませんが…)

このド・ドは、スタッカートの上にスラーがついていますね。ということは、ただのスタッカートのようには弾きませんよ~!

さらに、つづき。

バイエル100楽譜3

ピンク〇のフォルテ。フォルテは、「強く」の意味ですが、「音を強く」ではなくて「強い感情」を表現してもいいですね。追いかけっこするような、笑い転げているようなイメージで、ちょっぴり走って弾きました。

③のところは、ファがたくさん。スタッカートのファは、スラーの「ファ・ラ・ド」への助走です。全部しっかり弾きすぎると、ドタバタとうるさいから注意。

 

いろいろ書きましたが、もちろん、弾く人それぞれの物語があっていいと思います。私にとってこの曲は、陽気で明るい2人がおしゃべりするような曲でした☆

楽譜を持っている方は、ぜひ開いてながめてみてください。
弾いてみたい生徒さんは、先生に声をかけてね。(ぴあのどりーむ5巻くらいでひけます)

 

「ほしなみピアノスクール」は、茨城県南(取手市・牛久市・つくば市など)で出張レッスンをしているピアノ教室です(*^-^*)
この秋から、新たに 水戸市でもレッスンを始めることになりました。ただいま生徒さんを募集しております。お気軽にお問い合せください。▶体験レッスンお申込み  ▶お問合せ

ママだけが使える「ピアノの練習をする魔法」子どもはみんなママ大好き!

こんにちは。牛久市・取手市のピアノ教室 ほしなみピアノスクールの山口です。

お盆休み、いかがおすごしでしょうか。当教室では午前にレッスンを変更する生徒さんもいますが、ほぼ通常通りかな(*^-^*)

さてピアノを習っていると必ずといっていいほど、親御さんが思うこと…それは「ピアノの練習をしない」ということですね。今日はこのことについて書きたいと思います。

私も小さいころは練習あまりしなかったな~(^-^;

◆ピアノの練習を進んでするようになるモチベーションアップの方法

そんな魔法みたいな話ないよ!っていうような見出しですが…(^-^;

一応「生徒」「先生」「親」の3つの立場から見てきた中で、こうじゃないかな?と思うことがありますので、参考になれば。

ところで…このお悩みは、先生も同じように持っているものです。「生徒が練習しないでレッスンにくるけど、どうすればいいのか」ということですね。

先生ができることと親御さんができることは違います。

今日は親御さんのお話を。

◇ ピアノレッスンの日は毎回褒めてください!

レッスンが終わったら。褒めていただきたいなと思います。

「今日は花丸もらえたかな?すごいね!」「○○ちゃんは上手なんだね~」と大げさにどうぞ☆

私は出張レッスンで、生徒さんのおうちに行っているので本当によくわかるんですけど、お子さんはママが大大大~好きです。

たとえば、こういうことが頻繁にありますよ。

  • ママがいない日はちょっと調子が悪い(行動が雑になったりする)
  • 下のお子さんがいなかったりお昼寝していると上のお子さんである生徒は落ち着いている
  • ママが仕事から早く帰ってくる日はニコニコしている
  • ママが聴いていると集中して弾く(頑張るところを見てほしい!顔つきも違います)

お仕事でいなかったり下の子に手がかかることは、がんばって受け止めているわけですが、寂しい気持ちがあることは確かです(親御さんだって寂しいですしね)

レッスンしていると、こういう気持ちが態度に表れてますし、そうじゃなくてもみんなママの話をよくします(*^-^*)そんな大好きなママがピアノを弾いている自分をしっかり見ていてくれるとわかったら、頑張ります。

◇ 「練習しなさい」ではなく…

「練習してないんじゃないの?」「練習しなさい!」は、効果なしです。わかっててもつい心配になって言ってしまいますが(^-^;

言ってもやらないし、じゃあ言わなかったら…ますますやらない!ですよね。

「練習させる」のはとっても難しいことですが、どうすれば自分から「練習しようかな」とふと思うのか。モチベーションがあがるのか?を考えてみるといいかもしれません。

それには、ぜひ「気にかけている」ということを伝えてください。

  • 「どんな曲なの?」タイトルなどを一緒に見てどんな曲なんだろうと一緒に想像してみる
  • 「弾けるようになったら聴かせてほしいな」聴いてくれるというのは、本当に嬉しい事なんです!
  • 「先生なんて言ってた?」プラスの言葉が出なかったら「頑張ってるねって言ってたよ!」と言ってください。うちの教室の場合は(*^-^*)本当に言ってるし、もし言ってないときでもねつ造していただいてOK。笑

ママは曲や演奏やレッスンに興味があるよ~と伝えていただけたら、レッスンする上でもとっても助かります。もちろん興味はあるとは思いますが、強調しないとお子さんには伝わっていないみたいです。

◇ ママだから使える、魔法の言葉☆

子どもたちはレッスンではいつもいつも、頑張ってピアノを弾いています。あんまり練習してなかったり、やる気がなかったり…そういうときもありますが、それでもレッスン中1回は必ず頑張ります。(頑張らせてます)

ですからレッスンで頑張ったことを褒めて、そしてなるべくたくさん聴いてあげてください♪

先生の事も好きって言ってくれる可愛い生徒たちですが、やっぱりママにしか魔法は使えませんので(*^-^*)