「レッスンのひとコマ☆」カテゴリーアーカイブ

中学生の伴奏レッスン~輝くために~

おはようございます。取手・牛久の出張ピアノ教室 ほしなみピアノスクールの山口です。

窓を開けると金木犀の香り。彼岸花がこんなところにあったのかという場所にぽつぽつと小さなまとまりを作って咲いていますね。私は暑がりで、最近も湿度が高い日はノースリーブ着てましたが、やっといろんなことが捗るようになりました(^O^)

 

今の時期、何名かの生徒が伴奏を頑張っています。2学期は、学校で合唱祭などがあり、伴奏を任された生徒たちは夏休みあたりから練習をはじめています。

 

その中で約2年ほど前から、伴奏のレッスン時に短期でお受けしているKくんがいます。

伴奏レッスンだけをお受けしていて、日ごろはピアノを弾いていない彼。他教室で習っていたのはかなり前で、それも音符に色を塗って読んでいる段階でした。

普通に考えればちょっと難しいかな…と悩んでしまうところなんですが、このKくんとてもしっかり頑張るんです。

 

今回レッスンしているのはこの曲。

前奏や、0:38~で音域の広いアルペジオがあり、両手で分けて弾かなければいけないですし、後半は転調もあります。調が変わると音は全部変わるので、すべての音符を読むしかなくて大変。(ずっと習っていれば全部読まなくても移調して弾けたりもしますが)

 

楽譜をもらった7月中旬から一緒に譜読みして、、きっとレッスンでも私が説明することは早すぎてわからないところがあったり、一度に複数のことをやってそこまで練習も追いつかなかったりしたと思います。

なにしろ期限があるものなので、私も先へ先へと進めるしかなく…(;^_^A

夏休み中も講習や修学旅行がある中、かなり頑張って練習し、2学期はじめには何とか形になってきて、学校の先生にもとても褒めていただけたということでした。

 

(伴奏者は大変だけど、やりがいがあり楽しいですね。私も伴奏大好きでした!選ばれなかったときでも、学校でやっている曲を自分で弾けるということ自体が、嬉しかったのを覚えています)

 

現在はもう合唱の練習に入り実際に弾いているわけですが、実はまだ完成には至っていなくて、あと一歩! なんです。このあと一歩のところで、もうひと頑張りするのとしないのとでは、差が付きますね。

 

先日、録音して聴いてみる事を勧めておきました。弾いているときは聴く余裕まではなくて、自分がどんなふうに弾いているか、なかなかわからないのです。

ですから、聴いてみるとイマイチなところに気づいてガッカリするかもしれません。せっかく弾けるようになったのに…でも、そこで、「自分には弾けない」と思わず「少しでもよく弾けるようになろう」と思ってもらいたいですね。

生徒さんたちの夏休みの目標 その結果は…?

こんばんは(*^-^*)取手・牛久の出張ピアノ教室「ほしなみピアノスクール」です♪

いよいよ夏休みが終わろうとしていますね。今日8月31日、なんだかとても秋の気配があります…毎年こんなにはやく秋を感じていたものだったかな?

▼この写真は、生徒さんたちに教えてもらった≪夏休みの目標≫です。

hosinamipiano-news1

小さい生徒ちゃんの目標はほほえましく、小学生女子の目標は具体的。皆、他のお友だちの目標を読んで、また新たに頑張るゾ!という気持ちになったと思います(^O^)

今月の最終週のレッスンで見事に目標達成した生徒さんは、嬉しそうな笑顔でした。

 

☆目標の数々☆

100曲合格できるようにがんばる:Mちゃん&Hちゃん&Sちゃん

合格カードには20曲と100曲があり、3人とも100曲合格を目指して頑張っています。夏休み中にたくさん合格できたかな?

 

ぴあのどりーむ6を終わらせる:Mちゃん&Mちゃん

ひとりのMちゃんは、夏休み前に残り2曲まで進んでいて、練習をがんばり達成! もうひとりのMちゃんは、教本の真ん中くらいをやっているのですが、高い目標を書いてくれて、練習も頑張っています。近いうちに修了できる予定。

 

ショパンやドビュッシーやラヴェルの曲をきいてみる:Yちゃん

高学年ならではかな(*^-^*)これは先生方絶賛でした。お気に入りの曲を見つけると練習意欲も高まりますよね。

 

音符をすらすら読めるようにする:Mちゃんほか4名

これを目標にした皆、先生方と意見が完全一致!でしょうね。笑 音符をすらすら読めたら、ピアノが今よりずっと楽しく上手になるものね。先生もいつも、皆が音符をどうしたら読めるかな?と工夫しています。

 

「うさぎ」「こぎつね」「かえるのうた」等がひけるようにがんばる:Nちゃんほか3名

今習っている曲を合格する。という目標は練習すれば必ず達成できるのだから、シビアでもあります。皆合格したかな?

 

100000かいひく。毎日弾く。ぴあのをがんばる:たくさんの皆

いっぱい練習する!という目標。10万回は弾くのも大変だけど数える方が難しいかもね(笑) 小さい子は「ぴあのをがんばる」というのが多かったです。その通りですねヽ(^o^)丿ちっちゃいお手てで、がんばっている皆です。

 

全部ご紹介したいところですが、1つの記事に収まらなさそうなので、このくらいにします。

いずみ先生は、この夏休みには、楽譜を3冊以上研究する! というのが目標でした。

今後生徒さんたちも見たりするだろうその楽譜は…

  1. はじめての ポーランド・ピアノきょくしゅう
  2. グリーグ ピアノ名曲集
  3. 4期のピアノ名曲集 1
  4. オルガン・ピアノの本

   

 

明日から9月!

今年はコンクール希望の生徒さんもちらほらいます。

また目標に向かって一緒に芸術の秋を満喫しましょうね☆

大人の体験レッスンでは、こんなことをします♪

体験レッスンの様子(1)

こんばんは(*^-^*)取手・牛久市の出張ピアノ教室「ほしなみピアノスクール」の山口です。

3日後の本番に向けて最近は練習に力が入っているのですが…今夜は遊びに行って疲れたのか、娘が早い時間に眠ってしまったので、ピアノの練習ができない(;’∀’)

ということで、体験レッスンのお話を書きたいと思います。

 

大人の生徒さんの例

アヤさん(仮名)は、「ハッピーバースディが弾きたいんです」とお電話をくださいました。

’ハッピ~バースデイ トゥ~ユ~♪’ というアノ曲です。この曲でしたら、1か月~3か月で弾けますので、チケット制のコースでご都合の良い日にレッスンするか、普通の毎週のレッスンにするか、どちらかかな?

まず一度体験してみて、相談しましょう。ということで、体験レッスンの日を迎えました(*^-^*)

 

◇ 体験レッスンでは、ご希望など遠慮なくお話ください

まずご挨拶のあと、いろいろお話をしながら、どんなレッスンを望まれているのか?をすり合わせていきます。大人の方は、ピアノの練習時間がどれくらい取れるのかとか、どんな曲を使ってレッスンしたいのかとか、それぞれに『ピアノを弾く生活のイメージ』が違いますので、ご希望をよくお聴きすることが特に大切ですね。

アヤさんは明確な目的(ハッピーバースディ)があります。でも、そのレッスンの過程でたとえば楽譜も読めるようになりたいとか、基礎もやっていきたいとか、私の方からも質問して引き出していきます。

いつごろまでに弾けるようになりたいか?どのくらい練習に時間がさけるか?によって、実はこのたったひとつの目的の曲も、アレンジを変えたりします。

 

◇ お話を伺いましたら、いよいよレッスンです

ピアノ体験レッスン

《ピアノの楽譜の仕組み》

アヤさんは、学校の授業でやったことはなんとなく覚えているけれど、楽譜の仕組みがまったくわからない。ということでした。

ト音記号、ヘ音記号、音符 どれも、みなさん見たことがありますし、なんとなくこうかな?と読めたりもするのですが、その仕組みをしっかり理解するところまでは、なかなかできなかった…という方は多いです。

  • なんで五線の上や下に短い棒(加線といいます)がつくの?
  • ヘ音記号ってなんなのかな?

「なぜこうなのか」きちんとわかると、スッキリ!です。

アヤさんにも、「なるほど、そういうことだったのね~!はじめてわかりました」と言っていただき、私にとっても、とても充実したひとときでした。

 

《手の動かし方の法則》

ピアノは音域の広い楽器なので、手を右のほうやら左のほうやら、あっちこっちへ動かして弾きます。
この動かし方には法則があり、これも少しお話させていただきました。

知っていて練習するのと、知らないままとでは、大違い。
練習は、これからちょっとずつ、ですね♪

 

《ピアノ演奏》

ピアノの椅子に座って、音を出してみます。

はじめはドレミファソから…ピアノの鍵盤って、どのくらいの重さ?抵抗?どのくらいの音量?

おそるおそる、かもしれませんが(^^ゞ 楽器を鳴らすって、それだけで単純に楽しいもの。

「手が動きません~!」なんて言いながらも皆様、笑顔になります。アヤさんも、ピアノの大きな音にもビックリしちゃうわ。と言いながら、その感覚を何度か確かめるように鳴らしていらっしゃいました。

そして「よろこびのうた」「ハッピーバースデイ」の出だしの部分を弾いてみました。

私が一緒にとなりで弾きますので、よ~~~く見ていただいて、ゆっくりひとつずつ♪ なにがなにやら?と仰りながらも初めてにしてはずいぶんと、スムーズに弾かれていらっしゃいましたよ。

 

お上手なので私のほうもついつい、欲が出てあれもこれも、とやりたくなるのを我慢したくらいでした(笑)
そして次回レッスンのお約束をして、終了となりました。

音符

この日、アヤさんが「あれもこれも欲張るのでなく ときどきここに来て、ピアノに触れることができたら素敵ね」と仰られた言葉に、嬉しくなりました。

ピアノを触ること自体が素敵。と、私もいつも思っています♪

トレーニングみたいなのではなくて、音楽する時間を月一回でも 持っていただけるようなレッスン。
そしてレッスンで、(へぇ~!)と新しいことを発見したり(メロディーがひけた!)歓びを感じていただいたりできたらいいなと思います。

まさに 大人の愉しみ ですね

もちろん、最低限のピアノを弾くうえでの「決まり事」と「準備」は必要ですから、トレーニング的な練習も多少やっていただかなければいけませんが…
機械的に練習するのではなくて「なるほど!」と腑に落ちるやり方をしたいなと、思っています。

 

大人からの、はじめてのピアノ 大歓迎です(*^-^*)

→ 体験レッスンの詳細はこちらから ←

ご一緒にピアノのある生活 楽しみませんか?