生徒の「できる」を信じる と私は言っていますが‥

こんにちは!ほしなみピアノ いずみせんせいです(^O^)

 

今日はこれから体験レッスンの予定♪ 

ワクワクしています!

 

その体験レッスンでお渡しする資料を、さっき準備していたのですが

そこに、指導方針としてこんな一文を載せています。

 

レッスンでは「○○ちゃんなら必ずできる」と生徒さんの力を信じて進めていきます

 

この一文を自分で見て なんかもやもや‥💦

(なんか、言葉が足りないというか‥必ずできなきゃいけないみたいじゃないですか?いやレッスンして必ず弾けるように、するんですが)

 

「信じる」とか「できる」

ということについて 書いてみます。

 

もちろん、ピアノはみんな弾けるようになると思っています。

 

○○ちゃん自身が私に「ええーできない!」なんて言っても

「できるできる」といつも言っていますので(本当にできるし)

「できること」を信じているのは本当なんです。

 

 

でもそれは「誰かの思う通りに」できることではなくて

もっと言えば「自分の期待通りに」できることでもないのです。

 

あるテクニックが、「期待通りに」できなくても

ある曲が、「期待通りに」弾けなくても

 

それはまるっと「できない」わけではないと思いませんか。

 

期待通りにはできなかったけど、何ができたのか?

 

 

練習って「できなかったこと」を練習していくものではあるけれど

「できたこと」も置いてけぼりにしないでほしいなと思います。

 

期待通りにできなかった‥って考えたら、それはほとんどそうなります。

 

私や他の誰かや自分が期待していたようにはできなかったからって

「できない」とすぐに思うのはやめましょう。

それだと、ずっとできないできない‥になります。

 

そんなふうな「できない」があっても

私は生徒が「できる」ことを見失わず、信じていたいと思います。

 

できた!って思うときも できない!って思う時も

そりゃあ ありますよ(^O^)

 

どっちであろうと、ひとりひとりの持っている音色を認めて

 

「○○ちゃんなら、できないことがあっても 進んでいける」ことを信じています。

 

 

★ピアノレッスンで「できる」をいっぱい、自分の中にみつけてほしいです★

体験レッスンから、お気軽にどうぞ♪

★☆ 体験レッスンのお申し込み方法 ☆★

【お電話から】090-8002-6980にご連絡ください。山口いずみが、お電話をお受けいたします。

レッスン中は留守番電話になりますので、「体験希望」とメッセージをお入れください。後ほど折り返しご連絡差し上げます。

↓タップでお電話がかけられます↓ お電話でのお申し込み・お問い合わせは09080026980
【ネットから】こちらのフォームでご連絡ください(24時間受付)

ネットでのお申し込み・お問い合わせはここをタッチ

スポンサーリンク