生徒自身が「弾けた」を納得して進んでいく~合格の基準

取手市ほしなみピアノ いずみせんせいです(^O^)

 

レッスンで、「合格」「花丸」にするときの《 基準 》

って、生徒や親御さんには 謎なことがあると思います。

 

  • 生徒自身は「結構弾けた」と思ったけど合格にならない
  • 親御さんからみて「まだちゃんと弾けていない」けど合格になる

というとき。

 

【合格にしないとき】

  • すらすら弾けているように見えるけど‥?フレーズの捉え方、拍子などの重要なことができていないなど。
  • このテクニックをもう少し練習してほしい‥!「今」しっかりやりたいタイミングだったり。

 

【合格にするとき】

  • この曲がゴールではないから‥初めて出てきたテクニックで、次も次もそれが出て来るなら最初の1曲は早めに終わらせよう。などなど先を考えて。
  • これ以上この曲に拘らず進んだ方がよい‥今の段階でこれ以上はあまり変化しないと判断したとき。どうしてもやる気にならない曲のときなど。

というような感じが多いです。

 

いま挙げたようなことは《 先生から見た基準 》ですが

このほかに、もうひとつ

合格にする/しない を決めるときに、よく私がえることがあります。

 

それは 《 生徒自身が納得できたかどうか 》 です。

 

あと一歩ここがこうだったら合格にしたいな! というときは

レッスンした結果、私から見たら合格ラインになることがある。

だけどそういうとき、生徒の感覚としては

スッキリ「弾けた!」と感じられないことがあります(と思います)

 

そんな雰囲気のときには

「自分ではどうかな?弾けた感じした?」

と、生徒自身が 納得できたかきいています。

 

 

先々週、1年生Mちゃんに 質問してみたら

「う~ん?あんまり~」

という返事だったので、「じゃあ あと1回この曲レッスンしよう!」と

自分で仕上げること を宿題にしました。

 

だいたい、あと1回宿題 って言うと嫌がるものなのですが

こういう状況だと 納得して「うん^^」と答えてくれます。

 

 

先週、2年生Yちゃんに質問したときは

嬉しそうに頷いたので、「ひけるようになったね!」と

合格にしました。

 

 

まだ低学年だし まだ入門レベルの2人だけど

先生がいいって言ったからOK

(誰かの評価)ばかりではなく

 

自分がちゃんとできたか 納得すること

(自分の成長)も見つめて、

周りと比べず、自分を超えていくこと が目標になってくれたらいいな と思っています。

 

 

☆★ 中には合格後も「もっと弾けるように練習してもいい?」という生徒もいます!なんて素敵なんだろう(^O^) ★☆

★☆ 体験レッスンのお申し込み方法 ☆★

【お電話から】090-8002-6980にご連絡ください。山口いずみが、お電話をお受けいたします。

レッスン中は留守番電話になりますので、「体験希望」とメッセージをお入れください。後ほど折り返しご連絡差し上げます。

↓タップでお電話がかけられます↓ お電話でのお申し込み・お問い合わせは09080026980
【ネットから】こちらのフォームでご連絡ください(24時間受付)

ネットでのお申し込み・お問い合わせはここをタッチ

スポンサーリンク