『みんなだいすき!リズムのほん』

2018-05-18


みんなだいすき!リズムのほん1

低学年までの生徒に(#^^#)とても気に入って使っているソルフェージュのテキストです。おすすめです!

 お薦めする3つのポイント☆

実際に使ってみたときの、生徒の様子と 特徴3点です。

リズムのたたきかた

1巻は、自分の胸の前で 両手を合わせて打ちます。(両手打ち)

画像は、2分音符なのだけど、これがものすごく可愛らしいポーズで和みます~(*’ω’*)笑顔無くしては叩けない!

満面笑顔の怪しい先生をみながら、みんなニコニコロケットポーズしてくれて、めちゃかわゆい

 

2巻以降では、テーブルなどで 左が拍子・右がリズムを打つようになります。(拍子打ち)

左手がずっと拍子を打っているというのが、私のやりたい方法にベストマッチ!付点や休符をこれでやっておくと、とても役立ちます。

左手は拍子なので、右がお休みでも左は叩きます。付点の間に拍の頭が来ればそこも左手は叩きます。タイを弾くときも、これやっておけばラクラクです。

 

セットリズム

1拍、2拍、などのわかりやすい単位で数えるやり方です。

たとえば 8分音符1つだけというのはなくて、

  • 8分休符+8分音符(うた)
  • 付点4分音符+8分音符(たんあた)

と、セット打ちになっています。

 

ふろく

1巻:りんごのクラフト(4つに割れるもの)

テキストがわかりやすいので、グッズ使わなくても出来ます。

ただ、時間がたって忘れてしまい、ノートにリンゴの絵で説明し直すことがあって、そのときにこれを使っておいてよかった!と思いました♪

生徒は作りたがりますね(*^-^*)ちょっと難しいけど、みんながんばって自分でつくっています。

5巻:音符と休符のポスター 

6巻:リズム譜を自分でつくるノートと、キャラクターのプロフィールが書かれたノートがついています。

 

テキストの構成

最初のページに音符の名前とりんごの数

見開きで隣のページに、読み方と、リズムの問題がひとつ

めくって次のページからは、8問~12問くらいのリズム打ちがあります。

ごほうびシールと、やった日付を書く欄あり。

 

リズムの辞書として優秀です!

ピアノの楽譜になるとリズムがわからなくなることもあって、説明をしてもなかなかできないということがありますが、

「リズムのほん もっておいで~!」とこのテキストを見直せば、すぐに納得できています。

問題がすらーっとならぶソルフェージュの本と違い、基本的な説明とセットリズムの練習に絞っているので、リズムの辞書のように使えるところが便利です。

みんなだいすき!リズムのほん(一覧ページ)

 

★☆ あなたも楽しいリズム&ピアノのレッスンしてみませんか? ☆★

まずは体験レッスンからどうぞ(*^^*)

★☆ 体験レッスンのお申し込み方法 ☆★

【お電話から】090-8002-6980にご連絡ください。山口いずみが、お電話をお受けいたします。

レッスン中は留守番電話になりますので、「体験希望」とメッセージをお入れください。後ほど折り返しご連絡差し上げます。

↓タップでお電話がかけられます↓ お電話でのお申し込み・お問い合わせは09080026980
【ネットから】こちらのフォームでご連絡ください(24時間受付)

ネットでのお申し込み・お問い合わせはここをタッチ

スポンサーリンク