使用楽譜のご紹介

習い始めから初級に入るくらいまでの楽譜をご紹介します。

(この楽譜は一例であり、一人一人の生徒さんに合わせた楽譜でレッスンいたします)

近年は特に、導入~初級の教則本がたくさん出版され、私たちがピアノを習っていた頃とは異なるメソッドが主流になりつつあります。また選択肢が増えた分、みんなが同じ楽譜で育つということもなくなっています。

ほしなみピアノスクールでは、講師それぞれが指導法を研究し、お互いに情報を交換・学び合っております。

[シリーズ教則本]

楽譜
(amazonにリンクしています)
説明

ぴあのどりーむ1~6巻
永田萌さんの挿絵が綺麗な、絵本のような楽譜。
右手のドだけからはじまり、段階を追ってゆっくり進むため、
どんな子でもスムーズに導入できる。
変わった和音等はほとんどなく、明るく素直な曲想。
発表会で使える華やかな曲も入っています。
準拠ドリル・レパートリー曲集あり。

みんなのおけいこ1~3巻
挿絵や曲のタイトル・歌詞がちょっと古めかしいところが
ちょっぴり残念。でも良い本です。
1巻の初めは、リズムうちや音の高さを図で表していて、
徐々に音符に入るようになっている。
収録曲数が多く、同様の基礎練習がこの本だけでも
たくさんできるのが魅力。

アキピアノ教本1~3巻
導入でドだけ・ドレだけなどでは簡単すぎるとき、
交互奏(右と左を一緒に弾かない)ばかりではなく、
1音の伴奏・簡単な和音を始めからやりたいときに。
生徒向けの解説はないので、譜読みやリズムの基礎は
他のものを並用するとよい。
(ただこの本の曲はリズムも教えやすいです)

新版みんなのオルガン・ピアノの本
1~4巻
ロングセラー楽譜が改訂され、最近出版されました。
譜面や挿絵もとても見やすくなり、短い練習曲や、
基本のスケール、先生用伴奏譜などもついて、
これから使っていきたいと思っている楽譜No.1。
準拠ワークブックあり。

新版こどものバイエル(上・中・下)
バイエルも、今は様々な種類が出版されています。
小学生(中学年以上)から習いはじめた生徒や、
幼児教育・大人に主に使用。
ただし抜粋や、途中からということが多いです。
曲ごとに学習目的がわかりやすい。また、
最後の方にはなかなか良い曲もあります。

[テクニック]

楽譜
(amazonにリンクしています)
説明

バーナム ピアノテクニック
ロングセラー。「ミニブック」「導入書」
そして画像の1巻を使うことが多いです。
短い曲で、様々なテクニックを知り、練習できる。
子供たちもバーナム好きな子が多いですね。
スケールや教本、指導者向けDVDまであります。

新WAKUWAKUピアノテクニック
1~3巻
1曲1曲が、子どもの生活に則した場面を取り上げた
タイトルとイラストで、またそれにぴったりの
音の並びも見事です。楽しみながら練習できる。
バーナムやハノンに飽きる場合にも有効。
1~3巻のほか「アラカルト」「スケール」
ドリルやレパートリー(曲集)もあり。

キャサリンロリン ロリンピアノコース
テクニック1~3巻
1ユニット毎に、メカニカルな説明があり
自分で読んで弾きたい人におすすめ…と言いたいところ
ですが、実は初心者の独学には不向きかと思います。
ピアノ経験ある方が再確認するには大変良い。
説明があるので目的がはっきりわかり、
小学校中学年以上や大人が使うと上達します。

はじめてのハノン
ハノンの易しいバージョンのような楽譜も、
今はいろいろ出版されています。
中でもおすすめはこちら。
それぞれの曲のポイントを押さえた論理的な練習法が
1曲につき3パターン付いています。
こちらと、『ハノン・ノン』をよく使います。
▶「はじめてのハノン」「ハノン・ノン」
の解説はこちら(ブログ)

[ソルフェージュ]

楽譜
(amazonにリンクしています)
説明

みんなだいすき!リズムのほん
1~5巻
私は幼児の入会者には必ず使うくらい大変気に入っています。
リズム打ちのやり方がわかりやすく、小1くらいで
16分音符+8分音符のリズムなどもマスターできる。
▶詳しい解説はこちら(ブログ)

リズムとソルフェージュ
4才~10才向け全5巻
アキピアノ教本と同じ「呉 暁」さんの本なので
併用すると良い。他の教本の生徒にも良いです。
シンプルで余計なことが書いていないので
生徒の段階に合わせて、アレンジしながら使える。

きれいにうたいましょう
ソルフェージュ
入門編・応用編・1~3巻・ディズニーバージョンなど。
CDもあり。全曲ピアノ伴奏つき。
ドだけ→ドレだけと少しずつ進む。
新曲(初見)練習だけではなく、音価の問題を出したりして使用。
譜面は細かいですが、小さい子にも十分使えます。

リズム練習とソルフェージュ
1~3巻
たいていこちらの本か、コールユーブンゲンを、
大人の生徒さんに使っています。
1冊でごく簡単な問題からそれなりに難しい問題まで
できるので、初級くらいまでは1巻のみで対応できます。

[プレ・ピアノ教本]

楽譜
(amazonにリンクしています)
説明

うたとピアノの絵本1~3巻
1巻は右手だけ、2巻は左手だけ、3巻は両手。
「アキピアノ教本」の導入書で、’プレ・ピアノ’に分類しましたが、
しっかり「弾く」楽譜です。様々な場面で使い易い。
レッスンが進まない場面の救世主?!
▶詳しい事例・注意点はこちら(ブログ)

ミッフィーのぴあの絵本1~3巻
その名の通り「絵本」のような楽譜。
絵とお話に合った1小節程度の音符が付いていて、
初めて鍵盤に触る子でも、遊びの延長で親しめる。
別冊の「チャレンジブック」はクラフトが付いている。
ドリルや指導書もあり。

ちいさなおんがくかい1~2巻
全曲連弾。生徒パートは、同じ音同じリズムの繰り返し。
黒鍵2つを同時に鳴らす曲から始まり、ドだけ→ミだけと
鍵盤を少しずつ覚えて、楽しく連弾できます。
習い始めから「曲を弾く楽しみ」が味わえる。
▶詳しい解説はこちら(ブログ)

[曲集]

楽譜
(amazonにリンクしています)
説明

はじめてのギロック
「楽譜らしい」青い表紙の楽譜が、習い始めて割とすぐに弾けるのが、
このギロック。交互奏(両手同時に弾かない)でも弾ける曲があります。
情景の浮かぶ素敵な響きの曲ばかり。発表会の曲としても人気。

FUN!FUN!ピアノステージ
1巻は伴奏譜の付いている曲があり、良く知っている童謡でも、
伴奏がお洒落な和音で新鮮。2巻はソロのみ。
知っている曲を弾きたい子供向けに、
「ピアノひけるよ!ジュニア」1・2巻
この楽譜をよく使っています。

はじめてのポーランド
ピアノきょくしゅう
ポーランド舞曲の独特な3拍子リズムやアクセント等が、
小さいころから弾ける。ショパンを弾くときに突然「マズルカ」
「ポロネーズ」と言われても難しく、こういった曲集で音楽性を
養って行くことが大切。ありそうでない曲集です。

わたしはピアニスト1~4巻
古くからある名曲集。1巻のみを使うことが多いです。
1巻は、バイエル程度~ブルグミュラーくらいまで、
難易度が広めなので、進度に合わせ長く使える。
2,3巻も収録されている曲は、弾いておきたい曲が多いが
ブルグミュラーなどが重複するのがもったいないかな。