「水戸」タグアーカイブ

録音付き:今月の1曲『バイエル ピアノ教則本 第100番』

教室のおたより「ほしなみ☆だより」の中の『今月の1曲』というコーナーの連動記事です。生徒さんたちが使っているテキストから選んだ曲をご紹介していきます

2017年1月は『バイエル ピアノ教則本 第100番』

最近はバイエルを普段のレッスンで使うことは少ないですが、保育士試験・小学校の教員採用試験で指定されることもあり、まだ出番がありますね。

後半には意外と素敵な曲もあるので、「つまらない」というイメージを持たずに、ぜひ楽しんで弾いてもらいたいです。

出だしはこんな感じです。

バイエル100番楽譜1

フラットが1つついています。ヘ長調(ファソラシ♭ドレミファ)です。

ピンクの□の中にAllegro(アレグロ)と書いてあります。アレグロの意味は「はやく」と説明されることが多いけれど、「軽やかで陽気な」という意味もあります。「楽しそうに聴こえるはやさ」で弾きました。

水色①のところに大きくスラーがあるので、1小節ずつ1,2,3とならずに、一息で。

左手の1拍目はのばしたままで2,3拍目を弾きます。1拍目を強調するのではなく、やわらかさを表現しましょう。

 

楽譜のつづき。ト音記号のたかい音と、ヘ音記号のひくい音がかわりばんこに出てきて、まるで会話しているようです。

バイエル100番楽譜2

②の右手のド・ドですが、ここはもしかしたら楽譜によって表記が違うかも?(違わないかもしれませんが…)

このド・ドは、スタッカートの上にスラーがついていますね。ということは、ただのスタッカートのようには弾きませんよ~!

さらに、つづき。

バイエル100楽譜3

ピンク〇のフォルテ。フォルテは、「強く」の意味ですが、「音を強く」ではなくて「強い感情」を表現してもいいですね。追いかけっこするような、笑い転げているようなイメージで、ちょっぴり走って弾きました。

③のところは、ファがたくさん。スタッカートのファは、スラーの「ファ・ラ・ド」への助走です。全部しっかり弾きすぎると、ドタバタとうるさいから注意。

 

いろいろ書きましたが、もちろん、弾く人それぞれの物語があっていいと思います。私にとってこの曲は、陽気で明るい2人がおしゃべりするような曲でした☆

楽譜を持っている方は、ぜひ開いてながめてみてください。
弾いてみたい生徒さんは、先生に声をかけてね。(ぴあのどりーむ5巻くらいでひけます)

 

「ほしなみピアノスクール」は、茨城県南(取手市・牛久市・つくば市など)で出張レッスンをしているピアノ教室です(*^-^*)
この秋から、新たに 水戸市でもレッスンを始めることになりました。ただいま生徒さんを募集しております。お気軽にお問い合せください。▶体験レッスンお申込み  ▶お問合せ

生徒演奏動画付き:日本バッハコンクール地区大会(3)

茨城県南(つくば・牛久)、水戸のピアノ教室「ほしなみピアノスクール」山口です。

クリスマスの時期は絶賛お仕事中で忙しかったため、昨日娘たちと、ちょっと遅いクリスマスプレゼントを買いに行きました。

セールになっていたりして、また私もお休みの解放感から?荷物が持ちきれないほどパーっと買ってやっちゃいましたが、喜ぶ姿を見ると、自分のものを買うよりもずっと嬉しいし、”散財してしまった感”が全然ないなぁとしみじみ感じました。

コンクールも発表会も、生徒たちを見ていると、自分の本場では感じることのない、何とも言えない気持ちがあります。

どんなことも、自分軸ではなく誰かのためにと思えたときというのは、豊かな時間を過ごすことができるのでしょうか。誰かと一緒に共有するというのは素晴らしいことなんですね。

 

さて、バッハコンクールの地区大会の最終日&まとめです^^

(▶汐留地区大会 / ▶茨城地区大会)

バッハコンクール船橋1

12月初めから3日程に生徒が参加した地区大会。年の瀬27日に最終日を迎えました。

この日の結果は惜しくも通過なりませんでしたが、体調の悪い中、そしてステージ慣れしている方々がたくさんいる中、しっかりいつも通り弾いてくれました^^

数日前に撮った練習動画がありますので、本人の許可をもらいこちらにご紹介させていただきます♪
一生懸命練習してきましたので、ぜひ聴いてください。

バッハの「インヴェンション第13番」という曲です。

今回バッハコンクール初参加だったのですが、やはり参加してみてわかることって多いですね。

私もまだまだ勉強することが山積みです。

でも生徒さん・親御さんのご協力あってのコンクール、やりたい気持ちひとつでほいほい気軽に勉強できるようなことではありません。

もちろん、コンクール以外も、ですよね。

「先生のおかげです」と言っていただくことも多いこのお仕事ですが、日々勉強させていただいているということを、一瞬でも忘れてはいけません。

本当に、皆様ありがとうございますm(__)m

 

さて、来年2月の全国大会には、小学1,2年Aと、中学Aで出場の予定です。立派な大ホールで弾ける機会をいただいけて、本当によかったな~(#^^#)

自分らしく気持ちよく弾いてもらえるように、年明けからまたレッスンもしっかりやっていきたいと思います。

「ほしなみピアノスクール」は、茨城県南(取手市・牛久市・つくば市など)で出張レッスンをしているピアノ教室です(*^-^*)
この秋から、新たに 水戸市でもレッスンを始めることになりました。ただいま生徒さんを募集しております。お気軽にお問い合せください。▶体験レッスンお申込み  ▶お問合せ

日本バッハコンクール地区大会(2)

メリークリスマス!(^O^)これからケーキを買いに行きます☆その前に、昨日のコンクールのご報告。

▶汐留地区大会の記事はこちら

今回は県内なんですが、私の住む取手が端っこに位置しているため(私的には)めっちゃ遠い、ひたちなか市へ行ってまいりました。

水戸のひとつ先、勝田から「ひたちなか海浜鉄道」という電車に乗りまして、ちょっとした小旅行気分。実は帰りにお土産も買っちゃいました。

バッハコンクール写真1

とても綺麗で立派なホールです。

バッハコンクール写真2

結果は

幼児B部門 審査員特別賞

中学A部門 優秀賞

をいただくことができました。

中学生Sちゃんは、2月に全国大会です^^

バッハコンクール写真3

皆とても落ち着いて、発表会のときよりも更に上手に弾けていました。特に優秀賞をいただけたSちゃんの演奏は、弾き終わった瞬間に先生方と「やったね!」と目線をかわしました。そう確信できたくらいに、音も鳴っていたし表現も素晴らしかったです。

バッハコンクール写真4真里先生と♪

バッハコンクール写真5絵里先生と♪

バッハコンクール写真6トロフィーもいただけて、よかったね!

 

コンクールはまだ続きますが、ひとまずお疲れさまでした(^^♪ご家族も朝早くから大変だったと思いますが、生徒たちの晴れやかな表情に疲れも吹き飛びますね。

今回はたまたま先生4名が集まれたので、指導の難しさ、楽しさを語りながら1日過ごせたこともよかったです。

そして生徒たちの真摯な姿には心を打たれました。一生懸命演奏したこと、とても伝わってきましたよ。

 

「ほしなみピアノスクール」は、茨城県南(取手市・牛久市・つくば市など)で出張レッスンをしているピアノ教室です(*^-^*)
この秋から、新たに 水戸市でもレッスンを始めることになりました。ただいま生徒さんを募集しております。お気軽にお問い合せください。▶体験レッスンお申込み  ▶お問合せ